買い物カゴを見る マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

RSS
 

医学博士の井上先生お勧めの水の飲み方

井上正子先生にお会いしました! (2006/8/10投稿)

こんにちは。岩深水スタッフルームです。
来ました来ました!暑い夏がとうとうやって来ましたアッ!
皆様〜、岩深水でたっぷり水分補給してくださいね!


さて、先日「通販生活」でも「クロワッサン」でも「岩深水」をご推薦いただいた
井上正子先生にお会いしてまいりました。

前回もご紹介しましたように、井上先生は、医学博士、管理栄養士で、
日本医療栄養センター所長でありながら、
北里大学保健衛生専門学院教授でもいらっしゃいます。

…長い肩書きです。つまりとてもとても偉いお方なのです。だから緊張してたんです。
ところが、実際お会いしたらとっても優しい方で、
つい甘えてお水についていろいろお話をお伺いいたしました。


井上先生にお会いしました
↑井上正子先生です。とてもお優しい先生です。

では、ちょっとその内容をかいつまんでご案内いたしますね!

ミネラルウォーターについて
水は今、嗜好品になっています。
美容やダイエットのためと気にするのではなく、日本料理にはこれ、
洋食にはこれといったように使いわけ、
食生活を豊かにすれば良いのではないでしょうか。

水の飲み方について
人間は1日2.5版嘶します。
この分を補うためにも食事から1函体内での代謝活動で0.3箸凌紊発生します。
ですから残りの1.2箸魄料水で補給しなければなりません。
コップ1杯程度の量を1日8回に分けて飲むことをお勧めします。
  ●朝起きたら… 1杯
  ●朝食時…   1杯
  ●9時〜10時1杯
   
(魔の時間帯と言われ、脳梗塞の発生が多い時間帯)
  ●昼食時…   1杯
  ●午後3時…  1杯
  ●夕食時…   1杯
  ●入浴前…   1杯
  ●就寝前…   1杯
   
(夜中にトイレに行くことが多い方は就寝30分前に飲み、就寝直前にトイレへ行かれることをお勧めします。)


栄養学的には
私の専門の栄養学的は、糖質、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの
5大栄養素にもう一つ「水」を足して6大栄養素だと思うくらい「水」は大事です。
ただ、その効果もベースには食事があります。
私の栄養指導は、あれもダメこれもダメという食事制限はなく、好きな物を適量食べて構わないのです。
ただし、適量を食べることが大切です。


井上先生の事務所では、『食生活ウォッチング』という生活習慣予防のための
栄養検診を行っていらっしゃいます。所定の用紙に自分の食事内容を正直に
書いて送れば診断結果とコメントを記入して送り返してくださるそうです。
普段の健康診断では、いくら悪いところを見つけてもらっても、
適切な栄養指導まではしてくれませんものねェ…。
ぜひ利用してみたいですね!

(追伸)
首都高のサービスエリアに置いてある社団法人首都高速サービス推進協会
季刊誌「netway」の中にも井上先生のお水についての記事が掲載されております。
首都高を通る機会がございましたら、ぜひ立ち寄ってお読みくださいね。
井上正子先生にお会いしました

井上正子先生にお会いしました