岩深水が名水の理由
 

ミネラルウォーター(岩深水)ボトリング現場

原水から出荷までの製造工程「岩深水(いわしみず)」

「岩深水」のできるまで

岩深水の工場は採水地のすぐお隣にございます。もちろん皆様に新鮮で美味しい水をお届けするためですが、ただ場所が近ければ良いというわけではありません。皆様のお手元に安全なお水を届けるための設備や管理にも、徹底した体制を整えています。「きれいな水」を「きれいな場所」で「きれいなボトル」へ入れてすぐお届けする事が基本です。(*写真をクリックすると拡大します


二次クリーンルーム
ミクロフィルター濾過
源水のすぐ隣の工場にて、湧き出た水を0.2ミクロンの高性能メンブレンフィルタでろ過され、充填室へ送られます。
完璧なクリーンルームで
常温ボトリング
クラス1000とは、1立方フィートの中に0.1~0.5ミクロン以上の粒子が1000個以下になるよう管理すること。ちなみに通常の生活では大都会の屋外でクラス200~300万、きれいな部屋でも100万程度といわれています。
厳正な品質管理
出荷前、1本1本に厳しい品質チェックを行います。
ペットボトルの洗浄
酸素の同素体である「オゾン」での安全で衛生的な第一次洗浄と、「無菌水」での第二次洗浄でペットボトルおよびキャップを完全に清潔にします。

岩深水の工場紹介

新鮮さと安全性が使命です!

ちょっとだけ工場紹介・・・

岩深水工場のメンバーです。「岩深水」の工場は、採水地のすぐ隣にあります。
それはできるだけ新鮮で安全なお水を、
皆様にお届けしたいという思いからです。

私たちはこの新鮮な「岩深水」を扱う時に決めた事があります。それは、貴重な源水に「一切何も手を加えない」という事です。

もちろん、「非加熱」なのは言うまでもありません。
「岩深水」は、きめ細かいミクロフィルターを通すだけで、すぐボトルへ充填し、皆様にお届けしています。
余分な在庫も持ちません。受注からお届けまで若干お日にちを頂くのもこのためなのです。

加熱処理を殺菌を行い、味の事を考えなければ、賞味期限をかなり長く伸ばす事ができます。しかし、私たちそれをしません。
「岩深水」の源水の美味しさと新鮮さを絶対に損なう事なく、皆様にお届けすることを第一と考えているからです。


原水の守人 - 岩深水の源泉・井上長石鉱山

山を守り続けます・・・。

「岩深水」の源泉は、岩間山「井上長石鉱山」の坑道にあります。

この「井上長石鉱山」に、永い間お勤めになっている服部さんが、この坑道を守ってくれています。服部さんは、複雑な坑道の隅から隅まで、まるで我が家のように熟知しています。だからちょっとした異変にもすぐ気づいてくれる、まさに「山の守り人」なのです。

文字通り、雨の日も風の日も酷暑の時も極寒の時も、欠かさずこの岩間山を守り続けてくれています。ですから、私たちも安心して「岩深水」を皆様にお届けする事ができるのです。地道な努力を惜しまぬ方々の存在があってこそ、「岩深水」があるのだと感謝しております。

坑道前にて服部さん

さて、服部さんの年齢を詳しく知りませんが、明らかに私たちよりご高齢なハズ・・・。でも鉱山を案内いただいた時の歩く速さといったらもうビックリ!全然ついていけませんでした。健康の源は「岩深水」と「運動」なんですね・・・。しみじみ痛感いたしました。


水晶岩盤が育てた奇跡の水晶水


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ