リニューアル(20210819)

岩深水の品質について|IWASHIMIZU 岩深水

岩深水の品質について

  • TOP
  • 岩深水の品質について

岩深水の品質を守るために岩間山

雄大な自然に寄り添う小さな工場

天然水は、「きれいな水」を「きれいな場所」で「きれいなボトル」へ入れて、すぐにお届けすることが基本です。

岩深水滋賀工場では、皆さまに自信を持って「岩深水」をお届けするために、3つのこだわりを揚げています。

  • Tasty

    美味しさへのこだわり

    原水の美味しさそのままの、繊細でまろやかな飲み口をお届けするために。
    「岩深水」はできるかぎり手を加えない、非加熱・常温充填にこだわります。
    非加熱ミネラルウォーターならではの自然な美味しさを味わってください。

  • Safety

    安全へのこだわり

    毎日飲んでいただける安全なお水をお届けしたい。
    その想いから、厚生労働省の定める原水の水質検査を定期的に受けるとともに、滋賀県食品自主衛生管理認定制度(通称 S-HACCP)を取得。
    徹底した衛生管理にこだわっています。

  • Relief

    安心へのこだわり

    「岩深水」を安心して味わっていただきたいから。
    外部機関に依頼し、自主的な放射性物質検査を実施しています。
    また、工場周辺の自然環境の保護にこだわり、琵琶湖にも適応される排水基準を厳守。
    水質の維持管理に努めています。

岩深水ができるまで

岩深水の工場は採水地のすぐお隣にございます。もちろん皆様に新鮮で美味しい水をお届けするためですが、ただ場所が近ければ良いというわけではありません。皆様のお手元に安全なお水を届けるための設備や管理にも、徹底した体制を整えています。「きれいな水」を「きれいな場所」で「きれいなボトル」へ入れてすぐお届けする事が基本です。

岩間山
  • 採 水

  • ろ 過

    ミクロフィルター濾過

    ミクロフィルター濾過

    源水のすぐ隣の工場にて、湧き出た水を0.2ミクロンの高性能メンブレンフィルタでろ過され、充填室へ送られます。

  • 充 填

    二次クリーンルーム

    二次クリーンルーム

    完璧なクリーンルームで
    常温ボトリング

    クラス1000とは、1立方フィートの中に0.1~0.5ミクロン以上の粒子が1000個以下になるよう管理すること。
    ちなみに通常の生活では大都会の屋外でクラス200~300万、きれいな部屋でも100万程度といわれています。

  • ボトルに
    キャップ

  • ラベル
    貼り

  • シュリンク

    二次クリーンルーム

    ペットボトルの洗浄

    酸素の同素体である「オゾン」での安全で衛生的な第一次洗浄と、
    「無菌水」での第二次洗浄でペットボトルおよびキャップを完全に清潔にします。

  • 検 査

    二次クリーンルーム

    完璧なクリーンルームで
    常温ボトリング

    出荷前、1本1本に厳しい品質チェックを行います。

  • 箱 詰

  • 出 荷

    スピーディな出荷

    出来上がったらすぐに出荷します。
    余分な作り置きはいたしませんので、生産分が速やかに出荷されます。

品質検査

株式会社岩深水ではお客様に安心して飲んでいただく為に、毎年定期的に検査機関に依頼し、製造した岩深水の放射性物質検査を実施しております。

品質検査

ブランドストーリー